車中泊に欠かせないのがランタンです。
車の中で食事やアルコールを飲む際に大活躍で、私の中では一番使うアイテムです。

また、昼でも、カーテンやサンシェードをすると、車内は光がない暗い空間になります。
ランタンの出番になります。

最後にたどり着いたランタン

ドッペルギャンガー ちょうちんランタンです。
約1500円と安く購入出来て、暖色系の色でたたむと懐中電灯にもなります。
ドッペルギャンガー ちょうちんランタン
⇒Amazonで詳細を見る
⇒楽天で詳細を見る

気に入ったポイント

折りたたむと非常にコンパクト

GalaxyS2(iPhone6と同じ大きさ)で見ると分かりますが、折りたたむと非常にコンパクトです。
私は車庫までの距離があるので、コンパクトなのは非常に重要でした。
持ち運び楽ですし、使わない時は折りたたんでスペースを取らないです。
サイズ

以前は、LEDランタンで定番のエクスプローラー プロフェッショナルEX-777XPを使用していました。
エクスプローラー プロフェッショナル
最初は満足していたのですが、電池が単1x3つ必要で、大きくて少し重かったです。
外のキャンプなどに使うには雰囲気を含め非常に良いのですが、車中泊では、少しオーバースペックでした。
なので、小型のランタンを色々探して、他にも買いましたが、今の所一番気に入っているのが、紹介したランタンです。

暖色系の明かり、揺らぎも出来る

次に購入の決め手になったのが、暖色系の明かりという事。
ローソクのような揺らぎ機能もあります。
ただ、個人的には揺らぎ機能は、揺らぎが荒くて気になるので、使っていません。w
↓揺らぎのムービー

懐中電灯にもなる1つ2役

折りたたんだ状態で、ライトを付けると、懐中電灯にもなります。
↓懐中電灯モードにして光を照らした所
懐中電灯にもなる

遠くを照らしたり、車内の細い所を照らす時などに重宝します。

ランタンモードでは、光を強・中(エコモード)の2つのモードが選べます。
電池は単3が3つで、エコモードの場合は、80時間持ちます。

吊るす事も、テーブルの上に置くことも出来る

引っかけるフックが出せるので、天井からぶら下げる事も出来ます。
また、テーブルに置く事も出来るので、どちらの使い方でも使えます。
車中泊にピッタリのランタンです。

勝手に空く問題は解消されている?

Amazonのレビューに、ランタンを折りたたんで格納している部分が、ふとした拍子に開いて、ガバッと展開した状態になる件ですが、私の買ったものでは、なりませんでした。
折りたたんだ時に、回して格納します。
確かにカバーを回そうとすると割と軽い力で、ガバッと開きます。
だからといって、カバンに入れていて開いた事等はありません。
初期のモデルから改良されているのかもしれません

如何だったでしょうか?
有名なランタンが良いと思っていましたが、使用する環境によって快適度は異なるなと思いました。
何を求めるかは、人によって異なるので、どれが良いとは人それぞれではあります。
車中泊メインで使うなら、軽量コンパクトなランタンがお勧めです。