車の中に積んで置ける950gのコンパクトなタイヤの空気入れを紹介します。
パンクを経験して以来、空気入れは常備するようにしました。

値段の変動はありますが、1100円代で購入できます。
空気入れ
⇒Amazonで詳細を見る
⇒楽天で詳細を見る

非常にコンパクト

大きさがわかるようスマホ(iPhone6と同じ大きさ)を並べて写真とりました。
非常にコンパクトで車のトランクの隅に置いておけます
チューブを綺麗に整列させれば、かなりコンパクトです。
私は、なまぐさなので、コンビニの袋に、空気入れを入れてトランクの隅に入れています。
空気入れ

車、自転車、バイク等これ1台でOK

車のタイヤには、直接挿して空気を入れる事が出来ます。
ホイールが汚れていて申し訳ないですが、アトレーワゴンに空気を入れている所です。
車のタイヤに入れる場合は、そのままキャップを差し込んでストッパーをすれば、づれる事もありません。
様々なものに空気が入れれるようキャップが複数ついており、自転車、バイク、浮き輪などに対応しています。

キャップがプラスチックなので大丈夫かなと最初思いましたが、フィットして特に問題なく空気がつげました。
空気圧計もついており、大変便利です。
車の空気入れ

軽い950g。車に常備に最適

パンクした時を想定して、車の後ろに、この空気入れを積んでいます。
以前タイヤがパンクして交換した際に、スペアタイヤの空気圧が低く、そのまま走行するのが危険でした。
たまたま近くにガソリンスタンドがあったので良かったですが、近くにない場合を考えたら怖いです。

これを買ってから、ガソリンスタンドで空気を入れる事がなくなり、便利になりました。
なお、タイヤの空気圧は、車種毎に最適値が違うのでGoogleで「車種名+空気圧」で検索してください。

楽に空気入れが可能

空気入れにタンクが付いている点と、足で踏んで入れるタイプなため、特に苦労なく空気を入れれます。
10回~20回踏めば、結構な量が入ります。

ちなみに同じ商品の姉妹品でタンクが2つ付いた空気入れもあります。
空気を入れるのがさらに楽になるようですが、その分重くなるので、私はタンクが1つのもので十分と感じました。
インチアップして19インチとかを履いている方は、タンクが2つの方が良いと思いますが、ノーマルのタイヤ・ホイールの場合はタンク1つがお勧めです。

如何でしたでしょうか?
千円ちょいで買えるので、トラブル対策のために、1つ持ってい置いて損はないと思います。
自転車もある人は一石二鳥です♪