車を高く売る方法は無料の一括査定サービスを利用する事ですが、その際に出張査定を利用すると査定額が安くなるか、損になるのか質問を頂いたので、大手の買取会社で店長経験のある友人に聞いてみました。
査定の様子

出張査定で損になる事はない

某大手の買取店の査定の7割は出張査定で、店舗持ち込み査定は3割だそうです。
出張査定は移動コスト等かかっているので、査定が安くなるのではと聞いた所、むしろ逆の方針だったとの事です。
出張査定は、必要経費で考えており、査定額が安くなる事はないとの事でした。

出張査定は、競合他社に負けないように自社の利幅を削ってでも買い取る方針だったそうです。
出張査定は、7割を占めるので、特に力を入れて高値を付ける方向だったとの事です。

ちなみに、どの査定会社も同じ傾向との事です。

売る側の買取店選び

まず、前提ですが、車を高く売るには無料一括査定を利用するのが、定石です。
その上で、買取店側がデータとして認識している、売る側の買取店選びの基準を聞いてみました。

1位は査定額

ズバリ第1は査定額が高い事だそうです。
まあ、これは売る側からすると、当然少しでも高い所に売りたいので分かります。

2位は、営業マンの対応の良さ

査定額にほぼ差がない場合は、営業マンの対応により、売るお店を選ぶとの事です。
そのため、我々が無理難題を言わない限りは、どの買取店の査定士も、親切丁寧な接客を心がけているとの事でした。

筆者も出張査定を利用したことありますが、どの査定士の方も確かに親切で、時には高く売る為のアドバイスなども教えてもらったりしました。
2位を聞いて、昔の営業マンの対応を思い出し納得でした。