利用した日は10月21日です。虫などの参考情報に日付を記載しておきます。

羽田空港の飛行機が間近で見れる事で有名な「城南島海浜公園」で日帰りのオートキャンプをして来ました。
東京都内で唯一のオートキャンプ場みたいです。
お台場からも近く、一般道でお台場から10分、15分ぐらいで行けます。
※オートキャンプ場とは、車でテントやタープを張る隣まで車を乗り付けられるキャンプ場の事です。

予約は少し特殊

まず、予約について、他と少し事情が違うので書いときます。
オートキャンプや、キャンプ場を利用するには電話予約が必要となります。
利用は、1ヶ月で1度のみという制限がありました。
毎週、利用しようとしてもダメなのです。
また、オートキャンプは家族のみ可というルールです。
友達同士でオートキャンプ場を利用するのはNGです・・・。

ちなみに、運転手のみ当日手続きに行き、同乗者の確認はされないので、2人で行く等であれば友達同士でもバレないと思いますが・・・。

料金は2000円です。人数に関係なく同じ料金ですが、何人で利用するかを電話予約の際に聞かれます。
AC原電を利用する場合は別途500円かかります。
ちなみに、キャンプ場利用では、有料の駐車場に止める形になりますが、平日で上限1,000円、土日だと上限2,000円取られるので、オートキャンプ利用の2,000円は高くはないと思います。

オートキャンプ場は超快適

手動でチェーンを外して車を入れる

オートキャンプ場は、手動で鎖のチェーンを外して、車を入れます。
2箇所あり、1ヶ所目のチェーンを外して入った場所が以下です。
車を止めて受付に行きます。
手で鎖を外して入る

海側がお勧め

平日で天気が曇りだったのもあり、利用者は私たちだけでした。
特別に?好きな場所を選んで良いですよと説明を受け、場所を決めに車でうろうろします。
土日は、場所が決められているので選べないようです。
オートキャンプ場は、海側と、陸側の2つに分かれています。
海側の方が開放感があり、羽田空港が見えるので、海側がお勧めです。
陸側は木に覆われていて、キャンプの気分は楽しめますが開放感がなく景色があまりよくないです。
海側のオートキャンプ場

海側の1番左の15番を選び、車を停めます。
初めてのオートキャンプ場利用ですが、荷物の積み下ろしが楽です。
また散歩する際に、貴重品を車に入れておけるのもメリットも感じました。
場所選び

サンシェードを広げた所。
風がものすごく強いので、しっかり杭を打たないと、飛ばされそうになります。w
冬は風が寒くて、きついかもしれません。
なお、ここは毛虫がいませんでした。先週行った、江東区立若洲公園は毛虫がウヨウヨいたのとは対照的でした。
サンシェードを張った所

飛行機が超近くで見えます。城南島海浜公園の醍醐味です♪
しかも5分~10分置きぐらいで、次々と様々な飛行機が見れます。
飛行機が間近で見れます。

音はすごいですが、不快には感じませんでした。
23時ぐらいまで音がするみたいなので、泊まりとなると、また事情は違うかもしれません。
飛行機の音がすごい

飛行機を見ながら食事♪贅沢な気分です♪
おにぎり、ウィンナー、もんじゃ焼きを美味しく頂きました。
飛行機も大きいのから小さいのまで様々です。写真の飛行機は小さいですが、ANAやJAL系はかなり大きいです。
飛行機を見ながら食事

公園には、ジュースとアイスの自動販売機はありますが、食べ物などは売ってないので、事前に購入してくることをお勧めします。
公園から車で5分ぐらいの所にコンビニはあります。

城南島海浜公園は、オートキャンプ場以外にも、芝生が豊かな公園があります。
お弁当を持ってきて芝生の上で食べる等であれば予約はいらないですし、手軽にアウトドアを楽しめてお勧めです。